キトサンサプリメントの効果と併用注意の食品はありますか?キトサンサプリメントでコレステロールを調節してダイエットはじめませんか!

■キトサンサプリメントのキトサンって何でしょう?
キトサンサプリメントは、カニやエビなどの甲殻類に多く含まれているキチンという成分をアルカリ処理することにより、酸性の水溶液に溶ける形にしたものがキトサンと呼ばれ、このキトサンを含んだサプリメントになります。キチンには、D-グルコサミンが含まれており、アルカリ処理することによって、D-グルコサミンの濃度が高くなります。

グルコサミンサプリメントも、このキチンを塩酸で加水分解することにより作られるので、キトサンサプリメントと兄弟みたいなものです。

■キトサンによる効果はどういったものがありますか?
キトサンサプリメントの効能は、コレステロールの体内への吸収をしにくくしたり、血中コレステロールを低下させたりする作用があり、厚生労働省の認可の特定保健用食品になります。コレステロールの吸収を抑えることから、ダイエットや動脈硬化予防などが期待されます。

キトサンは、他にも黄色ぶどう球菌や、大腸菌、MRSなどの細菌に対して抗菌作用があり、カビなどの防カビ抑制もあることから、抗菌、防カビ製品(抗菌靴下など)に利用されたり、植物や作物に農薬の代わりと利用したりと様々な用途があります。

■キトサンサプリメントを摂取する際に気をつけたいことはありますか?
キトサンサプリメントは、とても良いことばかりのように感じられますが、注意も必要です。コレステロールの吸収を抑えるということは、食べた食品の吸収も抑えるということになります。食品に含まれる脂溶性ビタミン(A、D、E、K)や葉酸などの吸収も抑えることにより、色々と問題が起こります。

例えば、ビタミンKの吸収が阻害されると出血が起こりやすくなるなどがあげられます。また、油の吸収を抑えることにより、排便がうまくいかず、便秘になりやすいということもあります。特に注意が必要なのは、キトサンはカニやエビなどの甲殻類から抽出されるので、カニやえびなどにアレルギーがある方です。

■まとめ
キトサンの一日の適量は、2グラムぐらいが良いとされています。大量にとったからと言ってよいことはありませんので、適量を飲むことで、副作用も起こりにくくなり、症状を改善させられるでしょう。